任意整理の方法とメリットを知っておこう

任意整理は弁護士や司法書士に依頼して、裁判所を介さずに債務を減額してもらう債務整理のことです。

 

かつては、借金問題の相談をすると自己破産を勧められるケースが多かったですが、現代は借金を減額してもらい、3年から5年以内に債務を完済する任意整理のほうが主流になっています。
債務者は債権者と交渉する必要はなく、弁護士や司法書士が債権者と話し合いをして和解交渉を行います。

 

借金を大幅に減額してもらえるので、毎月の負担が少なくなります。

 

任意整理は、自己破産とは違って借金を免責してもらう方法ではないため、毎月きちんと返済を続ける必要があります。
自己破産とは違って、住宅や自動車、生命保険などの財産を手放す必要がないため、多くのメリットのある方法です。

 

利用している金融機関が少ない場合や、借金の総額が少ない場合に最適な債務整理の方法です。

 

債務整理の手続きをすることで、債権者から電話が掛かってきたり、取り立てをされることはなくなるので、安心して生活ができるようになります。
多くのメリットがある債務整理の方法ですが、多少のデメリットもあるので知っておく必要があります。

 

信用情報機関に債務整理の記録が残ってしまうので、最低でも5年間は自動車や住宅のローンを組んだり、クレジットカードが作れなくなります。

 

借金を減額してもらうことで、債務を早く完済できるようになるので、一日でも早く返済できるように努力しましょう。
借金を完済できたら、安易にお金を借りないようにしたいものです。

任意整理のメリットを知る

債務整理を行う際はまずはそれぞれの特徴をよく理解し、メリットの多い方法を選んでいきたいところです。

 

例えば自己破産を選んだ場合は借金はすべて免除されますが、裁判所の手続が必要で、手続が終るまでには時間もかかります。
そして借金がなくなるかわりに価値ある財産は失うこととなりますし、破産した情報は官報に掲載される、一時的とはいえ職業や資格に制限が出ますので、場合によっては仕事を失ってしまう可能性もあります。

 

デメリットのできるだけ少ない方法を選ぶのであれば任意整理も検討してみましょう。

 

この方法は借金が全てなくなるのではないですが、かなり減らすこともできますし、大切な財産は失う心配はありません
そして裁判所の手続も必要ありませんので、手続が比較的簡単に行えるのもメリットです。

 

自己破産のように職業や資格に制限が出ることもなく仕事を失う心配もありません。

 

任意整理は裁判所を通さずに直接債権者と交渉し将来の利息のカットや利息の引き直し計算を行うなどで借金を減額していきます。
そして減額した借金は3年〜5年程度かけて分割で返済していきます。

 

自己破産や民事再生の場合はすべての借金を整理することとなりますが、任意整理の場合は一部の借金だけ整理するなど自由度が高いこともメリットです。

 

債権者との和解交渉は個人ではうまく進まない場合もありますが、そういった場合は弁護士や司法書士などにサポートしてもらうとよりスムーズに進めえていくことができます。

ギャンブル目的の借金と債務整理を経験してわかったこと

かつてギャンブル目的でお金を借り、債務整理をしたことがあります。もっとも当初は生活費として借り、きちんと返済して行くつもりでした。ところが知人の影響でギャンブルを覚え、数万円を引き出して使ったところ、たまたまそれが当たったため、味を占めるようになってしまったのです。

 

その後他に2社から借入れ、そのほとんどはギャンブルに消えました。そして4社目に申込んだところ、審査に通らず、流石にこれはまずくなったと思って、法律相談に行って、弁護士の先生を紹介してもらいました。収入を聞かれたので、金額を答えたところ、まずギャンブルをやめて、債務整理をするようにいわれました。借金は3社分で100万円程度で、それを任意整理で返済して行くことになりました。実は自己破産も考えたのですが、ギャンブル目的の場合は、免責が下りないことがあるのだそうです。

 

どうにか3年かけて、借金をすべて返済し終わりました。既に任意整理を始める時点で、ギャンブルから足を洗ってはいましたが、それを機会に借金をもやめました。今は自分の収入だけできちんと生活できています。確かにギャンブルは一獲千金の面白さがありますが、借金してまでやるものではありません。しかも返済のために当てようと焦りまくり、本末転倒になってしまったこともあります。